FXのインヴァスト証券
FXのインヴァスト証券

GMOクリック証券
GMOクリック証券

サイバーエージェントFX
サイバーエージェントFX

FX取引
FX取引

アーカイブ

更新情報

2014-02-17
個人投資家が損失を出し続けるのはリスクを過剰に恐れるからの情報を更新しました。
2014-01-22
運営者情報の情報を更新しました。
2014-01-22
お問い合わせの情報を更新しました。
2014-01-22
保証が存在しないので自分自身がしっかりするしかないの情報を更新しました。
2014-01-22
とある会社のニュースによって業界全体が動くことはよくあるの情報を更新しました。

個人投資家が損失を出し続けるのはリスクを過剰に恐れるから

ある海外の有名な投資家は、個人投資家に損失が多いのには一つの理由がある事が分かったのだそうです。その個人投資家のほとんどは、稼げるための環境は揃っているのだそうです。にもかかわらずその環境が生かし切れていないのが現状だったそうです。

そこでその個人投資家たちに「何が原因で損失が発生しているのか」を質問してみたそうです。すると思わぬ答えが返ってきたのだそうです。

どうも「株券を長く持っていれば利益が発生する」という概念自体は、多くの個人投資家は分かっているのだそうです。ところがその株価が変動しているのを実際にパソコンのモニター画面で見てしまうと、ついつい持っている株を売ってしまいたくなるのだそうです。

MP900387493

株というのは長期で持っている方が有利という定石があります。実際株に関する格言には、「株は長く持つべきだ」という意見は幾つもあります。

バイナリー オプションでも同様で、「もう少し待っていれば良いのに、早い段階で利益確定をしてしまい思うように利益が伸ばせない」という方が非常に多いのです。早い段階で利益を確定してしまうのは、やはりリスクが原因です。そのリスクによって大きな損失が発生する事を恐れているからです。

大きな損失になってしまうぐらいでしたら、早い段階で利益を確定してしまうべきと考える傾向があるそうです。その結果結局利益が大きく伸びず小さいままになってしまいますので、個人投資家の損失につながってしまっているわけです。

つまり利益を伸ばせる時は、やはり可能な限り伸ばすのが定石というわけです。

MP900387520

早すぎる利確が後の損失へとつながる布石

このように利益確定が早すぎるという行動のは、現在ではチキン利食いと表現される事があります。チキンというのは鳥のチキンです。海外では憶病の意味で用いられる事もあります。

すなわち憶病なまでに早く利益確定をしてしまうという行動が、チキン利食いと表現されるわけです。

このチキン利食いの理由は、やはり「利益確定が早すぎるのは、後々大きな損失につながってしまう」という概念が分かっていないからではないでしょうか。

MP900390103

ある程度経験は重ねたトレーダーは、チキン利食いをしない方が利益を大きく伸びる事が分かっているのだそうです。したがってチキン利食いをする事なく、悠然と長くポジションを持っている事ができるのだそうです。その背後にはやはりチキン利食いをしない方が、利益を伸ばせるという自信があるからだと思います。

外為ジャパン「株券を長く持っていれば利益が発生する」概念を頭で分かっていても、実際はわかっていないのです。頭でそれを分かっていても、実際に早い段階で利益確定をしてしまっているのです。それは、本当は分かっていない訳です。

いずれにせよ早い段階で利食いをしてしまうのは、良くない事だけは確かです。利益が伸ばせるときには伸ばすという概念は、株でもFX取引でも共通して成り立つのではないでしょうか。

早い段階で利食いをしてしまうと結局トータルでは損になってしまうわけです。目先の損失怖さよりも、後々の利益の事も考えて行動をしたいものです。

ページ上に戻る